細倉を記録した寺崎英子のまなざし展 カラー編

20181117日() ~1227日(木)
9:00 ~ 22:00
せんだいメディアテーク 7階ラウンジ
仙台市 青葉区 春日町 2-1

イベントの内容

宮城県北西部、奥羽山脈の山麓の町鶯沢に
細倉鉱山という、鉛や亜鉛を産出した日本で有数の鉱山がありました。
1941年、旧満州に生まれた寺崎英子は、
家族とともに細倉に移り住み、家業の売店を生業にしてきました。
鉱山の閉山が発表されると、寺崎はカメラを手にし、
その後の細倉とそこに暮らす人々の行方を撮影してきました。

このプロジェクトは、2016年5月、75歳で亡くなった寺崎英子から託された、
約1万1千カットのネガをアーカイブし、写真集刊行を目指すものです。
今回は、スキャンが終了したカラーネガから、約250点の写真を、
新たに見つかった資料とともに紹介します。

休館日:11月22日(木)

※せんだいメディアテークは設備点検に伴い全館を臨時休館します。
臨時休館期間:平成31年1月4日(金)~1月9日(水)の6日間
休館期間中に施設予約の「変更、取消、本申込」期限を迎えるお申込みについては、
その受付期間が平成30年12月28日21時までとなりますので、
遅れずに窓口にてお手続きください。
手続等の問い合わせはせんだいメディアテーク管理課(022-713-3171)
リンク先:https://www.smt.jp/
連絡先:せんだいメディアテーク企画・活動支援室 022-713-4483
イベントの内容は変更になる場合がございます。詳しくは主催者に直接ご確認ください。