東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北 復興を支えた人々の祈り」

2018428日() ~624日()
9:30 ~ 17:00
東北歴史博物館
多賀城市 高崎 1-22-1

イベントの内容

<見どころ>
○東北初!!東大寺の寺宝を一堂に公開:東大寺の寺宝が東北で一堂に会するのは初めてのことです。東日本大震災の復興に取り組んでいる東北のためにと、東大寺の特別協力によって実現しました。
○国宝17点、重要文化財25点・貴重な寺宝や史料を公開!:東大寺が大切に伝えてきた寺宝を中心に約100件150点を展示します。このうち、国宝は東大寺の復興を語るうえで欠かせない「重源上人坐像」をはじめ8件17点、重要文化財は「公慶上人坐像」など21件25点ほかで、大規模な展覧会が宮城・多賀城の地で実現します。
○東大寺の復興と東北との関わりを重視した構成:東大寺の盧舎那大仏造営には陸奥国小田郡(現在の宮城県)で産出した金が用いられ、東大寺と東北のつながりが創建当初から認められます。鎌倉時代、江戸時代の復興も東北とのつながりがあり、東大寺と東北との関係を構成に盛り込んでいることが本展の大きな特長です。

◆休館日/毎週月曜日(但し、4月30日は開館)
リンク先:http://todaiji.exhn.jp/
連絡先:復興祈念東大寺展実行委員会事務局(多賀城市市民文化創造局内) 022-368-1141
イベントの内容は変更になる場合がございます。詳しくは主催者に直接ご確認ください。