平成29年度 福島美術館秋季展 伊達政宗生誕450年記念 福島家がのこした伊達な文化

2017915日(金) ~1123日(木)
9:00 ~ 16:30
福島美術館
仙台市 若林区 土樋 288-2

イベントの内容

<前期>9月15日(金)~10月17日(火)
<後期>10月19日(木)~11月23日(木)

仙台藩祖・伊達政宗(1567~1636)が生まれて、今年で450年にあたります。
福島家は近代仙台の政財界で活躍し、文化を支援した素封家です(5代運蔵、6代與惣五郎、7代禎蔵)。重度身体障害者の福祉事業・共生福祉会を設立した7代・禎蔵(1890~1979)は、戦後の混乱期に伊達家を助けた一人で、結果、藩祖・伊達政宗、二代・忠宗など、仙台藩歴代の藩主の書や絵画をはじめ、伊達家が大切に継承した美術文化資料が福島家に収められました。それ以前からの父祖伝来の伊達家関連資料や郷土の画家・書家の作品、茶の湯・煎茶・書道の道具類は散逸を防ぎ、後世に遺す目的で禎蔵が設立した共生福祉会に寄贈され、市民に展示紹介する福島美術館として、1980(昭和55)年、仙台の土樋邸宅敷地内に開館しました。
伊達政宗生誕450年となる今年、福島美術館では、福島家がのこした仙台藩伊達家の伊達な文化をご紹介する展覧会を開催いたします。

◆休館日 毎週月曜(9月18日、10月9日は開館)、毎月第1日曜、9月19日(火)、10月10日(火)、10月18日(水)
◆入館料 一般400円、大学生・70歳以上300円(高校生以下、障がい者の方は無料)

【主な作品】
◇初代 伊達政宗筆「鮎貝日傾斎宛書状」<家臣への手紙。茶の湯に稽古に誘う>
◇初代 伊達政宗筆「牟宇姫宛書状」<娘への手紙。鮎60尾を送ったよ!>
◇初代 伊達政宗筆「喝食丸宛書状」<息子への手紙。引っ越しを祝う>
◇2代 伊達忠宗筆「福禄寿画賛」<100年後、6代・宗村誕生の贈り物となる>
◇3代 伊達綱宗筆「弁財天・牡丹図」(三幅対)<狩野探幽に絵を学ぶ>
◇狩野探幽筆「文殊牡丹図」<綱宗の絵の師匠の作品>
◇4代 伊達綱村筆「雲月図」(禅的な要素を備えた水墨画>
など、伊達家歴代藩主の作品はじめ、仙台藩ゆかりの和歌、絵画、書を約50点ご紹介します。

【関連イベント】(予定)
◇ギャラリートーク 9月15日(金)、11月11日(土)14:00~15:00 要入館券

◇ギャラリートークはスイーツの日
9月30日(土)14:00~15:30 要入館券 お茶代300円
トークの後は、昭和10年代の真空管ラジオを聴きながら、おいしいお菓子でティータイム

◇ワークショップ「紋きり遊び~家紋であそぶ」
10月22日(日)10:00~14:00(随時受け付け) 参加費400円

◇古武道・柳生心眼流甲冑兵法演舞
10月28日(土)14:00~15:00 無料
戦国時代から長く日本に伝わる古武道の演舞。現代の護身術にもなる古武道体験もあります。

◇古い本<活版印刷>にふれてみよう!~伊達家関連の図書 
10月28日(土)10:00~16:00 1階情報コーナー 無料
リンク先:http://www.fukushima-museum.jp/exhibition/index.html
連絡先:福島美術館 022(266)1535
イベントの内容は変更になる場合がございます。詳しくは主催者に直接ご確認ください。