藻塩焼神事

201774日(火) ~6日(木)
御釜神社
塩竈市

イベントの内容

鹽竈神社境外末社御釜神社では、毎年7月4日から6日までの3日間、御祭神・鹽土老翁神が伝えた製塩方法を伝える「藻塩焼神事(もしおやきしんじ)」が斎行される。
この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が神事として再現されている。古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されており、御釜神社には鹽土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神竈が奉安されている。この神竈は世に異変があるときに水の色が変じるとされ、江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていた。
※毎年同日に開催

◆3日間の神事内容
4日藻刈神事、5日御水替神事、6日藻塩焼神事・御釜神社例祭

◆参拝/自由
◆交通/JR仙石線・本塩釜駅より徒歩約5分。
◆駐車場/なし
リンク先:http://www.shiogamajinja.jp
連絡先:志波彦神社・鹽竈神社 022-367-1611
イベントの内容は変更になる場合がございます。詳しくは主催者に直接ご確認ください。